面接で趣味を聞かれたら

投稿日: カテゴリー: 公務員試験の面接

こんばんは。

今日は前から約束してた飲み会だと思って、街へ繰り出したら、日付を1週間まちがえていて、スーツ姿のサラリーマンが華金で浮かれてる中、沈んだ気持ちで帰路についています笑

さて、今日のテーマは「面接で趣味を聞かれたら」です。この質問って代表的な面接の質問であるにもかかわらず、意外と答えづらい質問ですよね。

事前に記入する面接シートにもよく記載する欄があります。私も趣味という趣味はないので、何て書こうかよく困ってました。

面接官の意図としては、そんなに深い意図はないのですが、その人の人柄をよく知ろうとするのに聞く質問と言えます。

趣味の質問はうまく答えれば、面接官に興味を持ってもらうことができます。

よくある答えとして、「読書」とか「映画鑑賞」とかで終わらせてしまうのは、非常に勿体無いですし、面接官もつまらないと感じてしまいます。(もし本当に趣味が読書とか映画鑑賞だとしても)

私が考える、趣味が無い・思いつかないという人でも面接でうまく答える方法は2つあります(^^)

それは

①ありきたりな趣味でも少し工夫を入れて話す

②1回~2回しかやったことないことを趣味と言ってしまう

です。

①の例を挙げると、例えば、小説を読むのが趣味だとします。それをただ読書と伝えるのではなく、「小説を読んだ後に登場人物の関係図を書いて、自分に当てはめて、自分の生活にどう活かせるのか考えてます!」とか言うと、面接官は「面白いことしてるんだね、じゃあどの小説でやったの?」と興味を持ってくれます。(と思います笑)

小説は堅苦しい内容のものでなくとも、恋愛物でもお笑いの物でも良いと思います。要は、ありがちな趣味でも伝え方によっては、その人だけの独自の趣味になるということです。この例は少し極端な例ですが。

②は、単純に1回~2回しかやったことなくて、趣味とは言えなそうでも、趣味と言ってしまう方法です。私は完全にこれでした。笑 やったことがないことを趣味というのはキツイですが、1回やったことあれば、大抵話すことができるものです。例えば、私はボルダリングを1回しかやったことないのですが、趣味と答えてました。(ボルダリングはロッククライミングの室内バージョンのようなもの、わからない人はググってください!)

趣味を聞かれた際は、うまく答えればプラスになることも多いので、趣味なんてないよ~という人に少しでもこの方法が参考になれば嬉しく思います!!適当に答えるともったいない質問ですので、あらかじめ考えておくと良いと思います(^^)

では。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA