敬語を正しく使う

投稿日: カテゴリー: 自分のこと・経験談

こんにちは。

桜が満開になりましたね!受験生の人は花見してる余裕のある方は少ないと思いますが、冬が嫌いな私はやっと春が来たと喜んでます^_^

さて、今日のテーマは「敬語を正しく使う」です。

先日、先輩に私の仕事中の電話対応の不自然さを指摘されました。

先輩「君敬語おかしいよ」

私「?」

先輩「ご連絡したって言うのはおかしいよ」

私「!!」

先輩「自分から連絡して、自分に敬語使ってどうすんの、ごをつければ丁寧になるってもんじゃない」

って指摘されました。確かに電話してる最中はなかなか気づかないものですが、指摘されて考えてみると、おかしいことに気づきます。毎回「ご連絡しました」って言ってしまっていて、この言い方が染み付いてしまったのだと思います。

自分では丁寧に意識して話したつもりが、逆におかしい日本語になっていたわけです。

なかなか使い慣れてないと、いきなり尊敬語、謙譲語、丁寧語を完璧に使うのは難しいので、面接対策でも間違った日本語を使わないように練習する必要があります。

特に、面接なんて緊張する場面では、自分の間違いに気づくことは少ないので、おかしな日本語を使ってしまう場合があります。

自分は大まじめで話してるのに、面接官は違和感を感じていて、落ちた理由がわからないなんてことは悲しいですからね^_^;

話す内容ももちろん大事ですが、内容以前のとこで減点されないように気を付けて欲しいと思います。

今は筆記の対策で忙しいと思いますが、少しずつ自己分析などの面接対策も並行していきましょう!

では^_^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA