意外と難しい時事問題対策

投稿日: カテゴリー: 勉強法自分のこと・経験談

こんばんは。

今週も一週間が終わりました!今日は飲み会等もなく、スッと帰れました。スッと。

上司の酒飲みたいオーラを華麗にスルーして見事帰宅しました。

さて、今の時期は勉強の追い込みの時期かと思いますが、今の時期、自分が何の勉強をしていたかと思い出せば、教養科目、特に時事問題の勉強に力を入れていたように思います。

時事問題って公務員試験ではけっこう重要な教養科目にも関わらず、どう対策して良いかわからないので、けっこう難しいんですよね。私もなんとなく時事対策っぽい勉強はしていました。笑

私がやった時事対策はまず、「速効の時事」を買いました。公務員受験生の多くが買う有名なやつですね。この速効の時事には、通常のに加えて、トレーニング編もあるので、そっちも買ってとりあえずやってました。でも速効の時事だけでは何か不安・・・と思った私はさらに、速効の時事にプラスして、予備校の時事対策の教科書を勉強していました。

速効の時事だけでも良いんですが、なんとなく絵的に頭に入りづらいってのもあったかもしれません^_^;

それとプラスして、私は「財政学」「経済政策」も勉強しました。財政学は専門試験でも出題される上に、経済学とも内容がかぶっており、さらに時事対策までできるという、かなりおすすめな科目です。財政学は今年度の日本の予算とか、借金がいくらとか、税収がいくらとか、勉強すればそのまま時事対策になります。

経済政策はなかなかとっつきにくい人が多いと思いますが、これも時事対策には有効です。今年の有効求人倍率がいくらとか失業率がいくらとか、そういうのを学びます。

あと国際関係も勉強しました。専門科目でもしかしたら使えるかもしれないというのもあって時事対策も兼ねて勉強していました。振り返ると、他の科目を勉強することで、時事対策にもつながる科目が多いです。

個人的なおすすめとしては、速効の時事+何か他の問題集のように、速効の時事を軸にプラスアルファを加えていくのが良いと思います。

時事に加えて、経済政策も国際関係もやったのか!と思う人がいるかもしれませんが、そんなに真剣に点がきちっと取れるようには勉強はしてません。何点か稼げれば良いかなー程度です。

あとは模試ですね。模試で出題された時事問題をストックしていってください。これは意外に重要。大手の予備校などは、やはり的中率を競いますから、真剣に時事の問題は作ってるはずなので。

勉強としては速効の時事プラスアルファで十分ですが、時間に余裕のある人はぜひいろんな科目に挑戦してみてください。きっと何かの問題で役に立つことがあると思うので。

試験勉強も山場を迎えていますが、頑張ってください!

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA