入庁してからあるある

投稿日: カテゴリー: 公務員試験について思うこと

こんばんは。今日は日差しが強かったですね。

寒くなるにつれて公務員試験の勉強の雰囲気が出てきます。まだまだ忙しくて勉強時間が充分に取れてない人がほとんどではないでしょうか。

公務員試験は年明けからどれだけ勉強できるかが勝負ですからね!

さて、今日はこのテーマ「入庁してからあるある」です!笑

どういうことかというと、そのまんまです。入庁してからよくあることを列挙していきます。笑

もちろん、それぞれの入庁先で異なると思いますが、共通するであろうと思うことを書いていきたいと思います。

では早速いきます!

 

①同期を見渡してみるとおもしろい経歴の人がいる

これはあるあるです。当たり前ですが、同期の人数が多くなればなるほど珍しい経歴の人に出会える確率が高くなります。前職がテレビ局の人とか、司法試験受かったけど、こっちに来たという人とかがいます。中にはパチンコニートをしてたが、一念発起して公務員試験に合格した人もいます。理由を聞いてもしっくりこないことが多いです。年齢制限さえクリアしてれば誰にでもチャンスがあるのは公務員試験の特色かもしれません。

②入庁してすぐなのになぜか友達ができてる人がいる

あるある。私は最初、そんな人を見て不思議でたまりませんでした。「こんなにみんな…どこで出会ったのか!?」と思ってました。後から判明したのですが、入庁する前の身体測定とか、ちょっとした集まりの時にみんな仲良くなったようです。そのような行事が終わるとすぐ帰っていた私は完全に乗り遅れました。と同時に「身体測定で友達に話しかけて仲良くなんかならんわ!」ってなりました。笑

③研修が棒読み(読むだけ)

入庁するとおそらく、最初に研修を受けることになると思います。公務員の特徴なのかと思ってしまうのですが、基本的に研修資料を読むだけで、棒読みです。研修講師は現職公務員です。学生の時、民間の就職活動もしていたので、違いに驚きました。「なんか、こう、もっと工夫できないかな。。」と思いました。もちろん、とても面白い話をしてくれる職員の方もいます。

④志望部署を発表し合う

これは公務員に限ったことではないかもしれませんね。新入社員、職員の人はみんなやることでしょう。中には「絶対その〇〇部署じゃなきゃヤダ」という強い意志の人もいますが、世の中そんなに甘くありません。希望は通らないものと思っておいてちょうど良いでしょう。希望先に行けず絶望的に落ち込む人もいらっしゃいます。笑

⑤毎朝早起きするのが辛い

これはきっとみなさんそうです。私もそうでしたから、説明はもはや不要!笑

⑥職場にSNSをあまりやらないようと言われる

公務員は国民や住民の個人情報をたくさん持つことになります。そんな大事な個人情報を誰にも言うわけないでしょと思いますが、twitterやfacebookで仕事内容のことを書いてはダメです。警察官などは事務系の公務員よりもいっそう厳しくSNSをやらないようにと言われるそうです。私は構わずやっています。笑 正しく使えば何も問題はないですからね。

 

とまあパッと思い浮かんだのがこのあたりでしょうか。みなさんも入庁したら、これらが本当に合ってるかどうか確かめてみてください!笑

眠いので今日はこの辺で。

では(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA