私の民法攻略法

投稿日: カテゴリー: 勉強法

こんにちは。

いつもパソコンでブログ記事を書いてるのですが、なぜかパソコンが起動せず、iPhoneから投稿。けっこう手こずりました。笑

今日は私がやった民法の勉強法を書きたいと思います。特に変わったやり方という訳ではないのですが、けっこう自信のある科目だったので、少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

私が民法の問題集を見た時に最初に思ったことは、「量が多すぎる!」ということでした。こんな大量の問題、いつ終わんのや…と思ってました。

民法は非常にボリュームがあります。主要科目であるにもかかわらず、捨てる人も現れるという科目ですからね。

授業を受けたあと、以下の順序で勉強していきました。

①サーっと教科書を読む

あー確かにこんなのやったなーという感じ。意味わからないとこはしっかり図などを書いて「理解」します。単語なんかは完璧に覚えてなくてもOK。

 

②問題集の問題、選択肢、解答を「読む」(問題集1周目)

ポイントは「読む」ということ。「解く」という意識じゃありません。よくわからないとこが出てきたら、教科書で確認。 答えをもはや覚えてしまうような感じで。1周目はパッパと終わりにしましょう。

 

③問題をやってみる(問題集2周目)

次は「解く」意識でチャレンジしてみます。この段階では、わからない問題もたくさんありますので、できなくても「うわー!!おれ民法向いてねー!!」とならないでください。

 

④問題集を繰り返す(問題集3周目)

再び問題集にチャレンジします。わからないとこが出てきたら、もちろん教科書で確認。この時、間違えたとこやわからなかった問題には印をつけておきましょう。

 

⑤間違えた問題やわからなかった問題だけやる 

前回やった時の、印がついてる問題だけやります。そんな時間はかかりません。

 

こんな感じで勉強していきました。民法は同じ問題集を3周以上はしないとできるようにならないと思います。逆に、問題集の民法をできるようにすれば、5問中3問は確実に取れるようになります(^^) 

民法は問題集をまずは3周やることだけを目標にしてやってました。

民法は、試験でもアホみたいに難しい問題はほぼ出ないので、できるようになれば安定して点を取れる科目になります!

時間はかかりますが、頑張ってください^_^

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA