国家一般職の試験

投稿日: カテゴリー: 公務員試験

こんにちは。

明日は国家一般職の試験ですね。

気持ちを切り替えていきましょう!

私の感覚では、国家一般職の試験は時間が足りなくなるという感覚が強いです。

なので、特に明日は時間に気をつけてください。専門科目は時間が余ると思いますが、教養と論文の試験はけっこう時間厳しいと思います。

専門試験の配点が高いので、専門試験でできるだけ点を伸ばしましょう。専門では選択する科目を間違えないようにしてください。

国家一般職の試験では、政治学や経営学などのいわゆる「学系」の科目が難しい傾向があります。「そんな学者聞いたことねえよ!」っていう問題が普通に出ます。笑

なので、法律科目と経済科目でいかに得点できるかがカギになってきます。学系の問題よりは、主要科目の方が勉強してきたことがちゃーんと出題されます。

論文は内容よりも、形式・文字数に気を付けてください。そこまで配点が高くないですし、書く内容は一般論で十分です。しっかり論文対策してる人はまったく恐れる必要ありません。しっかり論文を書き上げることに全力を。

教養試験ですが、私は時間に心配があったので、あらかじめ捨て問を作ってました。空間図形がかなり苦手だったので、最初に問題をパッと見て、できそうかできなさそうかすぐに判断し、無理そうならすぐに捨ててました。というか、まともに解いたことないです。笑

とにかく時間配分を失敗しないように!教養試験は一番最初なので、気持ちよく専門試験に入れるようにできると良いですね。

国家一般職の試験は、専門択一の成績が合否を分けるので、明日は特に専門択一を頑張ってください!時間はたっぷりあるのでケアレスミスに注意を!

明日の健闘を祈ります!

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA